汗なんかいらない!必要な汗と不要な汗の違いは?

いらない汗とは?

脇の汗を気にする女性
汗の量が多いと臭いも気になる…

汗には、いらない汗必要な汗があるわ。

暑いときに出る汗、辛いものを食べてかく汗、興奮や緊張でかく汗は、誰にでも自然に起こる発汗で必要な汗よ。そういった必要な汗は、「そのとき」が終われば引いていくものなのね。「涼しくなる」「辛いものを食べ終わって完全に味を感じなくなる」「興奮や緊張状態から解放される」など、役割を果たせば自分から出るのをやめてくれるはずなの。

いらないのは、「必要以上に出続ける汗」、「必要ないのに出てくる汗」よ。

そもそもなぜ汗は出るの?

汗と体温調節
汗には理由がある

「汗なんか全部なくなっちゃえば良いのに」

あたしがよく思ってたことよ。だって汗をかくと服はびしょ濡れ、恥ずかしいシミができるし、化粧は落ちるし、ベタベタ気持ち悪いし、臭いし、いいことないじゃない。

でも汗ってまったく出ないと人間生きていけないのよ。

人間が活動するためには、体を動かすためのエネルギーが必要よね。エネルギーは、食べ物を分解したり合成したりすることで生み出されるんだけど、そのとき細胞の中ではいろいろな酵素が使われて化学反応や代謝が行われているの。

体が代謝を始めると必ず熱が発生するのね。体温はどんどん上がっていくわ。体温は、45度前後になると、体内のたんぱく質が変性して破壊されちゃって人間は死んでしまうといわれているの。

だから、体温が上昇するときに、汗をかいて体温を調節することで、熱から体を守っているわけね。

人間が体の機能を最適に保てる、つまり一番良い状態の体温は、37度弱だそうよ。脳細胞の酵素が一番活発に動けるのが37度くらいなんだって。汗は、37度に近い体温を保つために出てくれているのよ。

なくてはならない存在よ。

でもね、冒頭で言ったように必要な汗といらない汗があるの。

必要な汗といらない汗の違い

OKとNG
汗は2種類に分けられる

必要な汗は「良い汗」、いらない汗は「悪い汗ともいえるわね。

良い汗の特徴は、「小粒」「濃度が薄い」「サラサラ」「水に限りなく近い」わ。逆に悪い汗は、「大粒」「濃度が濃い」「ネバネバ」「蒸発しにくい」特徴が挙げられるわ。

良い汗 悪い汗

汗をかいてもサラッとしている

汗の粒子が細かい

におわない

目に入っても痛くない

味がしない

必要なときに出て役目を果たせばすっと引いていく

汗をかくとすっきりする

汗がベトベト、ネバネバする

汗をかくと疲労感がある

汗の粒が大きい

ダラダラ流れる、必要以上に出続ける

必要ないのに出る

臭い

しょっぱい、すっぱい

蒸発しづらい

体温調節の役目を果たしていない

この「悪い汗」を「良い汗」に変えていくことが大切。いらない汗が多い「多汗」で困っている人に多いのが精神性発汗型多汗よ。

精神性発汗型多汗とは?

背中の汗がびっしょりな男性
大事な場面でさらに汗が。

緊張してたくさんの汗をかいた経験があると、似たような場面に出くわしたとき、「また汗をかくんじゃないか?」「汗をかくのは嫌だな…」って不安に思ってしまうのね。この不安のことを予期不安っていうわ。

予期不安は無意識のうちに持ってしまうもので、常に頭の片隅にある状態になるから、脳の中はずっと緊張しちゃうの。

そうするとね、脳の中にある体温調節を専門にしている発汗中枢が、「本物の緊張」と「偽物の緊張(「また汗をかくんじゃ?」という予期不安からの緊張)」を区別できなくなっちゃうのね。区別できないから、偽物でも本物と同じように「汗を出せー!」って発汗指令を交感神経に出してしまうわ。

で、そのときさらに「もっとかいちゃったら困るな…嫌だな…」って不安が大きくなると緊張も大きくなってしまうのね。発汗中枢もその膨らんだ緊張をキャッチしちゃうから、もっと多くの汗を出すように指令してしまうわけよ。

これを精神性発汗と呼ぶわ。このタイプの方は、単に汗を止めるための表面的な方法(制汗剤やデオドラントなど)に頼るだけでなく、精神療法などで心の不安を取り除くことが必要よ。

ワキガの人は多汗になりやすい!?

鼻をつまむ女性
ワキガは汗だけでなく臭いが強くて困る…

ワキガ独特の臭いの原因は、アポクリン腺っていう汗腺から出る汗が原因の一つといわれているわ。

でもこのアポクリン腺、誰もが持っている汗腺なのね。なのに、なぜワキガの人とそうじゃない人がいるかっていったら、アポクリン腺の数の違いなの。主に遺伝が原因で、アポクリン腺の数が多い人がワキガとされるわ。

アポクリン腺の数が多いってことは、分泌される汗の量も増えてしまうってこと。

また、先述の精神性発汗とつながるけど、「汗が出るとワキガ臭がまたしてしまうのでは」っていう思いから、汗がさらに出てワキガの臭いも強くしてしまうことがあるわ。

ただ、ワキガ=多汗っていう図式は必ずしも成り立つわけではなくて、もともとワキガの人が多汗になりやすいというのが正しい言い方よ。多汗症だけどワキガの臭いはしないって人も多くいるわ。

多汗を治す方法

ここでは、多汗を治すために病院で行われている治療法について書いていくわね。

多汗に悩む人が精神性発汗であることが多いと書いたけど、精神性発汗の場合は、不安を取り除く精神療法が有効だわ。

ただし、精神療法はすぐに効果が出るとは限らないわね。頑張って続けても効果が思ったほど出なくて自信をなくしてしまい、逆に汗が増えてしまう場合もあるの。

以下のことに当てはまる人は精神療法より、手術を考える方がおすすめよ。

  • 今すぐに治したい人
  • ワキガにも悩んでいる人

「汗が減ることで自信を得られそう、前向きになれそう」という人は、手術よりハードルの低いボトックス注射が良いわ。

さらに、「ボトックス注射もハードルが高いなぁ…」と感じる人は、塩化アルミニウム入りのデオドラントを処方してもらうのがオススメ。

ちなみにあたしは、病院で処方してもらえるものと同じの、パースピレックスを通販で購入してるわ。