BG(1,3-ブチレングリコール)の効果【ワキガ対策用語】

BG(1,3-ブチレングリコール)はワキガに効果あるのか?

BG(1,3-ブチレングリコール)の効果
引用元:「Voce Q:化粧品の成分表示によくある、BGってなに?

BGは舌間忠利さんプロデュースのデオドラント・海露などに含まれているわ。化粧水や乳液などの化粧品にもよく含まれている保湿効果の高い成分よ。

ワキはいつも汗でべとべとしていて「保湿なんて必要ない」と思われがちだけど、BGのような保湿成分はワキガ対策に必要だわ。

汗を拭き取ったり流したりした直後は、お肌が乾燥するのね。乾燥した状態が続くと、お肌を守ろうと皮脂が出るの。皮脂がお肌をコーティングして水分の蒸発を防いでくれるというわけ。でもこの皮脂が臭いの元になるのよ。

BGが含まれている製品は保湿効果が高く、余分な皮脂が出るのを防いでくれるわ。また、菌が育ちにくい環境を作る働きもあるから、雑菌が増殖するのを防いでくれるわ。

正式名称

化粧品成分表示名称:BG

医薬部外品表示名称:1,3-ブチレングリコール

慣用名:1,3-ブタンジオール、1,3-ブチレングリコール

INCI名 : BUTYLENE GLYCOL

製造会社:高級アルコール工業株式会社他

効果・効能

保湿、溶解、増粘、触感調整、制菌

特徴

  • 多価アルコールの一種
  • 無色透明
  • べたつかない
  • ほぼ無味無臭
  • 保湿効果が高い。
  • 植物からエキスを取り出すときに抽出溶媒としても使われる。
  • 菌が育ちにくい環境を作るため、防腐剤の代わりにも使われる。

デオドラント以外にどんな物に含まれてる?

  • 美白化粧水
  • UVケア化粧品
  • 洗顔料
  • 乳液
  • 美容液など

防腐剤フリーの商品に防腐剤の代わりとして含まれてるわ。

BGは石油由来と植物由来がある?

BGには、石油由来と植物由来のものがあるのよ。

石油由来・つまり石油からつくられるBGは、アセトアルデヒドという成分を合成することで出来上がるの。反対に、植物由来のBGは、発酵エタノールを合成してつくられるわ。

石油由来のBGは、安定性が高いからいつでも安く提供できるし品質にばらつきがないところがメリットね。ただ「石油由来」っていうと、無添加やオーガニックを求めている人にはイメージが悪いというデメリットがあるわ。

植物由来のBGは、イメージが良いことがメリットだけど、こっちは石油由来のものより安定性が低くて、高い価格になりがちなのがデメリット。

「植物は良くて石油は悪い」みたいなイメージが広まってるけど、植物由来でも石油由来でも安全性は変わらないし、効能も同じなの。だから多くのデオドラントや化粧品に含まれているのが石油由来のものよ。

安全性・副作用は?

長年、BGは、いろいろな医薬部外品や化粧品に使われてきたけど、今まで何かトラブルが起きたということはないわ。刺激性・毒性がほとんどなくて安心して使える成分よ。

あとよく心配になるのはアレルギーについてだけど、BGでアレルギー反応が出たという報告もないわ。

光に対する反応が出やすい(光感作)成分は、その成分を塗った後に紫外線を照射すると反応が出やすいんだけど、BGはその実験でも反応が出なかったの。だから、BGは、アレルギー感作や光感作もない安全な成分といえるわ。

(※ただし、目に入ると痛みやしみる感覚があるから、目に入らないように注意)。

安全だからこそ、BGは肌質も気にせず使えるわ。乾燥肌や混合肌、敏感肌、脂性肌でも心配せずに使ってOK。また、アトピー性皮膚炎、老人性乾皮症、皮脂欠乏性湿疹などトラブルのあるお肌に使用しても問題ないわ。

とはいっても、BGだけで製品ができているわけでないから、他の成分も見ながら商品を選ぶ必要があるわね。

参考資料

  • 『化粧品成分検定公式テキスト 一般社団法人 化粧品成分検定協会編』
  • 『化粧品成分ガイド 第6版 宇山侊男/岡部美代治/久光一誠 編著』
  • 『美肌のために知っておきたい 化粧品成分表示のかんたん読み方手帳 化粧品成分検定協会代表理事 久光一誠』

BG配合量の見分け方

※この見分け方はデオドラントが「化粧品」の分類の場合は有効。「医薬部外品」の分類の場合は、成分表示の順序に決まりがないため、使えない。

成分表示のどこに「BG」の表記があるかで、配合量が変わってくるわ。BGが保湿や防腐効果を発揮するには10%以上の量が必要なの。

10%以上含まれているか見分けるには、成分表示の前のほうに記載されているかがポイントになるわ。成分表示は基本的に配合量が多いものから順番に書かれているの。

逆に、「植物エキス」や「ヒアルロン酸Na」「コラーゲン類」と同じくらいの位置に書かれている場合は、1%以下しか含まれていないわ。BGは、植物エキスの抽出溶媒(植物成分を取り出すときに必要)としても使われるんだけど、その場合はすごく少量で良いの。

1%以下の配合量のときは、保湿や防腐の効果は発揮しないわ。

↓応援クリックぜひお願いします(*^_^*)にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へにほんブログ村