殺菌・除菌・抗菌の違いは?【ワキガ対策用語】

デオドラントのパッケージに「殺菌」や「除菌」の文字をよく見かけるわよね。でもその違いって「いまいちよくわからない…」と思ったので調べてみたわ。

 殺菌とは?

殺菌とは「細菌やウイルスを殺したり死滅させる」ことをいうわ。消毒薬などの医薬品や薬用石けんなどの医薬部外品に使える言葉よ。

除菌とは?

除菌とは「必ずしも細菌を殺すわけではなく、増殖してしまう菌を減少させる」ことをさすわ。ウェットティッシュやデオドラントスプレーなど日用品に使える言葉。

抗菌とは?

抗菌とは「細菌を殺したり、減少させるのではなく、菌が増えることを阻止・抑制する」ことよ。「抗菌加工」の靴下や、「抗菌成分入り」の柔軟仕上げ剤などに使われる言葉ね。

そのほか・滅菌とは?

滅菌とは、「すべての菌を完全に死滅させること」をさすわ。全滅の「滅」菌ね。ただ、完全に死滅させるといってもそれはすごく難しくてね、日本薬局法では「微生物の生存する確率が100分の1以下になることをもって、滅菌」と定義されているそうよ。殺菌よりも厳しく徹底的に菌を死滅させるわ。無菌状態にするには、人の細胞まで殺してしまうから、人間へ滅菌はできないの。主に医療器具などに使われる言葉よ。

そのほか・減菌とは?

減菌とは「菌を限定せずその量を減少させる」ことだそう。減菌についてはあまり資料がなかったわ。

ワキガ対策のデオドラントなら殺菌・除菌・抗菌どれを選ぶべき?

ワキガ臭を発生させる主な原因は、アポクリン腺から出る汗を雑菌が分解することなので、雑菌を減らすことが大切なの。一番菌を減らすのは「殺菌」よね。よって殺菌と表示のあるデオドラントを使うのが一番ワキガ対策に有効だと言えるわ。

と思ったら、多くのデオドラントが「殺菌」表示! 「医学部外品」や「薬用」って書いてある物ね。化粧品扱いのデオドラントだと「除菌」って表示になってるみたい。除菌表示のものは、服にかけて消臭・制汗する系のスプレーが多いわ。

ただ、殺菌と一口に言っても「一部の菌を殺しただけでも殺菌と言える」そうよ。つまり全部の菌をきちんと殺してくれるわけじゃないの。製品によって殺菌できる強さが違うし、配合されている成分によっては「この菌は殺せるけど、この菌には弱い」とか「この悪い菌は殺すけど、この良い菌は殺さない」といったように様々な殺菌の仕方があるの。

ワキガ対策のデオドラントを選ぶなら「黄色ブドウ球菌・コリネバクテリウム菌(腋臭菌)」をできるだけ消して「表皮ブドウ球菌」は生かしてくれるものを選ぶと良いわ。表皮ブドウ菌は別名・美肌菌とも呼ばれていて、お肌にバリアを張って守ってくれる働きがあるの。

↓応援クリックぜひお願いします(*^_^*)にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へにほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛への憧れへにほんブログ村