すそわきがの彼女、チチガの彼女を彼氏はどう思うか|プロフィール

デオ・ウーマンの自己紹介
(すそわきが、チチガに悩む女です…)

こんにちは。
サイト管理人のデオ・ウーマンよ。

あたしは小学4年生の頃から
ワキガに悩んできて、
今24歳なんだけど、
ワキガ歴14年くらいね。

しかも、あたし脇だけじゃなくて
胸とかアソコもワキガなのよ。

チチガとかすそわきがっていうらしいわ。

あと、お尻も
ワキガか微妙だけど
なんだかニオイがきついの( ;-;)

ワキガの強さでいうと、
中度ワキガ。

何もデオドラントを付けてないと
通り過ぎた時に臭いが
もわーんとしてしまうの。

日によるけど、体調悪いときは
「残り香」がすることもあるくらいよ。

あと汗もけっこうひどいわ。

手汗で書類はぐにょぐにょになるし、
脇汗だけじゃなくて
背中やデコルテも汗っかきで、
寒い冬でもじっとり汗をかいちゃうの。

だけど、多汗症レベルでいうと軽度。

汗がだぁだぁ流れ出るというよりは、
じんわりベタベタかく感じなの。

緊張にも弱いから、
緊張するとベタベタ感が
さらに増して臭いもきつくなるわ。

こんな状態だから、
どうにかしなきゃと思って、
いろーーんなデオドラントを試してきたの。

40種類くらいは試したんじゃないかと思うわ。

いつの間にかデオドラントに
詳しくなっちゃったから、
「デオドラント」から名前をお借りして、
「デオ・ウーマン」って
ニックネームでこのブログを立ち上げてみたの。

デオドラントでワキガに立ち向かう
ワンダー・ウーマン!のイメージ。

名前だけでも覚えていってください(笑)

デオドラントいっぱい

でね、自分が長年ワキガに悩んできた中で、
どういうときに一番困ったかっていうと、
あたしは恋愛だったの。

冒頭に書いたように、
あたしは脇以外のワキガも持ってるんだけど、
アソコや胸のワキガはずっと自覚がなかった。

ある時付き合った彼氏に言われてやっと気づけたの。

その彼と付き合う前にも
何人か良い関係になれそうな人がいたけど、
理由が分からず急に避けられちゃったり、
振られちゃったりしたことがあったのね。

長くなっちゃうけど書いてみるわね。

エッチのトラウマ

19歳のときに大好きな彼氏ができたの。

当時はもーう舞い上がっちゃって、
舞い上がっちゃって(笑) 

彼が初めてあたしの部屋へ遊びにくることになって、
何週間も前から準備をしたわ。

今まで美容には
あまりお金を使ってこなかったのに、
彼にもっと好きになってもらいたくて、
脱毛サロンへ行ってお肌をキレイにしたり、
ちょっとお高いボディクリームを
毎日塗って保湿をしっかりしたり。

彼が来る当日に、
ニキビやあせもができないように
食事や服装にも気を遣ってね、
可愛い部屋着まで買ったわ(笑)

もともと小さい頃から
ワキガでニオイは気にしてきたから、
当日は彼が来る前にちゃんとシャワーを浴びて、
脇は市販のデオドラントでしっかりガード。

この時はさらさらパウダーシートで
きっちり拭いた上に、
メンズのデオナチュレを二度塗りして、
さらにエージーデオのパウダースプレーをかけてたわ

それぐらいすれば、
2時間くらいは臭わないのよ。

いよいよ彼が遊びに来てくれて、
一緒にテレビを見たりゲームをしたり
楽しい時間を過ごしたんだけど、
やっぱ部屋で二人っきりだからね、
エッチな雰囲気になったの。

すごい幸せだったわ。

でもワキガのせいで
幸せな時間がトラウマに変わっちゃったの。

彼が胸をしばらく舐めてくれた後に
「ちょっとうがいしてきていい?」って、
そう言われたわ。

手を口に当てながら
ちょっと気持ち悪そうな顔してたから、
どうしたんだろう?って心配になったけど、
彼が申し訳なさそうに言うから
何も聞けなかった。

洗面所から戻ってきた彼は
「ごめんね」って言ってキスしてくれたの。

でもその時、
彼の口がすごく……、
臭ったのよ。

ネギの臭いがしたの。
ワキガの臭いだった。

でもなんで彼の口から? 
急にどうして? 
って混乱したわ。

混乱したまま、続きをしたけど、
正直全然集中してなかった。

それで、彼にパンツを脱がされたとき、
またヤバイ事態が発生したのよ。

今度は、モワーンと
すごく嫌なニオイがしたの。
思わず鼻をつまみたくなるような。

ネギのようなチーズのような、
ツンとした臭いを感じたわ。

瞬時に「これはヤバイ!」と思ったけど、
彼は頑張って舐めようとしてくれた。

「ちょっとニオイがきついみたいだから、
しなくて大丈夫」っていったら、
彼は素直にやめてくれたわ。

彼のアソコはすっかり萎えていたし、
涙目になってた。

あたしの臭いのせいよ。

だから途中で中断しちゃった。
お互いに「ごめん」って言い合って、
気まずいとか変な空気とか
それだけじゃなくてすごい苦しかったわ。

彼の次にあたしで別々に
お風呂に入ったけど、
シャワーを浴びながら
ダァーッって涙が出てきて自分でもびっくりした。

でね、シャワーから出たら
彼がスマホをいじってたの。

そしたら遠慮がちに
「これ見てくれる?」って
スマホの画面を見せてきた。

そこに乳首のわきが、
チチガのことが書いてあったの。

すごく恥ずかしかったわ。

いつも冗談言って
笑わせてくれるような彼が、
申し訳なさそうな顔で
言いにくいけど頑張って教えてくれたと思うと、
あたしはよくわからないけど
とにかく彼に謝ってた。

堪えてた涙も出てしまった。

彼は「舐めたらなんか苦いから
心配したけど、
病気とかじゃなくて体質だからしょうがないよ」
「俺は全然大丈夫! 
気にしなくていいから」って
優しく抱きしめてくれたの。

でもやっぱりその後は
かなり落ち込んだわ。
彼に会いたい気持ちはすごいあるのに
デートの先のことを考えると
怖くて返信を先延ばしにしちゃったり。

チチガは情報が少なすぎる

チチガのことを必死に調べた。

でもあんまり情報がないのね。
どのサイトも一緒。
原因やおすすめのデオドラントは書いてあるけど、
実際にそのサイトの管理人さんが
チチガに悩んでて
デオドラントを使ってみたってわけじゃなくて
「これがいいらしいですよ」っていうのが多くて。

脇のワキガについては
口コミがたくさん出てくるけど、
チチガって気づかない人も多いし
恥ずかしい部位だからか口コミが全然ないのよ。

胸専用のデオドラントも売ってないし。

チチガと一緒にすそわきがのことも知ったわ。

デリケートゾーン用のデオドラントだったら
いくつか検索で出てきた。
すそわきがのことはけっこう口コミもある。

でもあたしが知りたかったのは
実際にエッチでちゃんと使えるのかってことだったの。

調べていく中で、
「性的興奮によってワキガの臭いは強くなる」
ってことを知って、
そういう状況でも効果があるのかとか、
「舐めても大丈夫か?」とか、
「彼氏に何か塗ってるってバレないか?」とか、
「緊張にも強いか?」とか。

デオドラントの味とか
舐めてもとれにくいかなんて
書いてあるサイトはなかったわ。

そりゃそうよね(笑)

だからあたし自身が試した
デオドラントについて詳しく書いたら
役立つ人がいるかもって思ってこのサイトを書き始めたの。

ただ、当時は自分が記事を書くなんて
考えもしなかったし、
デリケートゾーン用のデオドラントって
値段が高くて余裕もなかったから
「チチガやすそわきがをどうにかしたい」
と思いながらもどうにもできずにいたわ。

小学生の頃からワキガと戦ってきた

あたしは元々ワキガだって自覚があったから、
脇については毎日ケアしてた。

小学生のころにお父さんと
自分のニオイが一緒だって気づいたの。
あたしのお父さんは中度くらいのワキガよ。

初恋の男の子に
なんとなく臭いのことを
言われたこともあったから、
かなり体臭のことは気にしてたわ。

中学~高校になると、
友達にも「ちょっと異常だよ?」って
心配されるくらい、がっちりケアしてた。

登校するだけで
脇汗が大変なことになってたから、
毎日制服をもう1着持って行って、
到着したら汗拭きシートで全身を拭いて、
スプレーやスティックのデオドラントを塗って、
下着から制服まで全部着替えるとか。

冬でも脇汗だけはじとじとしてたわ。

あと脇毛が伸びると
臭いやすくなるからクリームで脱毛したり、
デオドラントもなかなか効くものに出会えなくて
何度もいろんな商品を買い直したり。

とは言っても、学生でお金がなかったから
そんなにいろいろ試せたわけじゃないんだけどね。

好きだから言えないけど、
すそわきが・チチガの「彼女とのセックスはつまらない」

19歳の時の話に戻るわ。

脇のデオドラントは
何種類か持ってたから
胸やアソコに使おうかとも考えたの。

でもエッチのときって舐めるでしょ? 
口に入れて害があっちゃいけないし、
脇に使ってたスティックを舐めてみたら
不味くてとても舐められるものじゃなかった。

それに脇用のデオドラントを塗ると、
ヒリヒリしたり、
感覚がなくなっちゃうこともあったの。

そんなことしてるうちに
次のデートになっちゃって
「どうしよう、どうしよう」って
余計嫌な汗が出てきてね。

1回目が変な感じで終わっちゃったから
相手もなんだか気を遣ってる感じで、
キスをしあっても先までいかなかったわ。

よかったと思った反面、
もう嫌になっちゃったかな…とか
モヤモヤ悩んだり。

その彼とは結局3年付き合ったわ。
3年っていうと、長いね、仲良かったんだね
って言われる。

確かに仲良しだったんだけどね、
付き合って1年くらいで
セックスレスになったの。

つまり、残りの2年は
ほとんどエッチしてないってこと。
なんでこうなっちゃったかっていうと、
あたしのワキガのせい。

彼は気にしないと言ってくれたけど、
自分では気になっちゃうから
エッチの前は必ずお風呂に入りたいって言ったの。

でも彼は「したい!」と思ったときに
すぐできないと萎えるからそのままでいいよって。

それで何度かそのままでしたわ。
そうするとやっぱり彼の口が
ワキガの臭いになっちゃうの。

終わったあと、あたしがトイレに行ってる間に
彼が何度もうがいをしてるのに
気づいて本当に申し訳なくなったわ。

それなら一緒にお風呂に入ってすればいいかな
と思ってやってみたけど、
最初は大丈夫でも
しばらく経つとやっぱり臭ってくるの。

「チチガやすそわきがは
お風呂で綺麗にしてれば臭わない」
って記事があるけど、
あれは半分本当で半分嘘だと思うわ。

だからある時、
「胸を舐めないで」って言ったのよ。

これは最初の方でも何回か言ったわ。
でも「なんで?」って聞かれて
「変なニオイがするから」っていうと
「気にしないって言ってるじゃん」って
軽く怒られてた。

彼の優しさだと思うけど、
「気にしない」って言葉は
嘘に思えてしまった。

だって舐めてるとき辛そうな顔をしてるから。

たまに吸うと苦い汁が出てきて
ちょっと不味いなーって言われたこともあった。

だから理由を聞かれたら
嘘を言うようになったの。

「今日は生理前で張ってて痛いから」とか。

でも何回か言ってるうちに
たぶん嘘だってバレてたわ。

彼はアソコも頑張って
舐めてくれようとしたけど、
嫌だ嫌だって抵抗して
とにかく舐められないように必死になってた。

手でしてもらうのも
手に臭いがついちゃうからダメって。

そうすると前戯でできることって
どんどん減ってくのね。

この時彼は友達に
「彼女とのセックスはつまらない」
って言ってたらしい。

あとね、臭いを心配しすぎたせいで
全然濡れなくなっちゃったの。

「今日は大丈夫かな?」って不安になると
集中できなくて不感症みたいになっちゃって。

彼がいろいろしてくれても
全然濡れないから
「俺のこと嫌いになったの?」
「好きなら濡れるもんじゃないの?」
って言われて、
そういうことじゃないって説明するんだけど
伝わらなくて苦しかったわ。

彼からしてみたら、
「臭いが不安で濡れない」って言われても
「俺は臭いのこと気にしてないって言ってるのに
なんでそんなに不安になるわけ? 

濡れないから舐めるって言ってるのに
それもダメだって言うし
どうしたら満足できるの?」
ってそういう気持ちだったと思うわ。

実際友達にもそういうこと言ってたみたいだし。

それで、濡れないまま
無理やりしてたら
痛くて痛くて
エッチがどんどん嫌いになっていったわ。

ローションを使おうとすると
「俺じゃダメなんだ」って彼が落ち込むから、
バレないようにローションを水で薄めて
彼と会う時間は
いつもこっそりトイレでアソコに塗ってた。

そんな感じで、自分のせいで
エッチが上手くいかないのが分かってたから、
彼がしたいと思ってくれるだけでも
ありがたいというか、

レスになる直前は、
まったく自己主張のない
従うだけのエッチをしてたの。

この頃は、性格まで変わっちゃったみたいに
毎日沈んでた。終わった後によく泣いてたわ。

泣いてたのに彼が気づいたのか
わかんないけど、
付き合って1年くらいで
だんだん回数が減っていって
月に1回もしなくなった。

勇気を出して誘ってみたこともあったけど
「眠いなー」とか「ちょっと疲れたかも」とか、
そうやって断られ続けたわ。

それでも仲は良かったの。
一緒に公園で子どもみたいにはしゃいだり、
好きな本やゲームについて語り合ったり、
誰にも言えない悩みや弱さもお互いにならさらけ出せた。

セックスがなくなった後も、
普段の彼の態度は
今まで通り変わらなかったわ。

寂しいけど幸せだと思ってた。

でもある時、彼の友達に聞いちゃったの。
彼が前にこんなこと言ってたなーみたいな感じで。

前にも書いたけど
「彼女とのセックスはつまらない」とか
「俺はニオイのこと気にしてないって
言ってるのになんで不安になるかわからない」とか。

「最近〇〇(あたし)としたいと思えない」

「いろいろ考えると
面倒くさくなってきて勃たない」

「ニオイとか味のこと
気にしてないって言ってきたけど
本当は気になる。
ニオイのせいで興奮が冷めるときがある」

「でも〇〇が喜ぶなら我慢するし、
好きだから〇〇を気持ちよくさせたいと思う」

「だけど俺が我慢してるのは
たぶんバレてて〇〇が
余計な気を遣ってるのがわかる」

「顔色を窺われてるみたいで嫌だ」

「セックスが楽しいと思えない」

「一人でする方が気楽」

「〇〇のことは好きで
これからも一緒にいたいと思うけど、
ずっとこのままかと思うと耐えられそうにない」

「でもこんな理由で別れたくない」

「浮気とか風俗に走りたいとも思えない。
〇〇が悲しむから」

「好きだからこそ言えない。
どんな言い方をしてもきっと傷つける」

こんなに彼に悩ませてたなんて知らなかった。

自分ばっか悲しい寂しいみたいに思ってたけど、
彼の気持ちをちっとも考えてなかったわ。

このことを知ったのは
付き合って2年半が過ぎたころだった。

本気で自分を変えたいと思った

そこからあたしは本気でワキガの改善を考え始めたの。

今までは
「脇のデオドラントは胸やアソコには使えないし」
「食事や運動で改善する方法があるみたいだけど面倒だし」
「ワキガのためにお金を使うのはもったいないし」
っていろいろ理由をつけて
本当の意味で真剣に向き合ってなかった。

それから「自分がワキガだから
彼は愛してくれないんだ」
って思うのをやめたわ。

臭いは関係なく
彼はあたしを愛してくれてた。
ただ臭いがない方がもっと良いってだけで。

そういう相手の気持ちを考えるっていう
当たり前のことをあたしは忘れてしまってたの。

臭いのことで自分を卑下して、
勝手に相手からどう思われてるか決めつけて、
相手の気持ちを考えられなくなってたことに気づけた。

あたしはこの時決めた。
チチガとすそわきがをちゃんと改善しようって。

次々と対策を試すが挫折の連続

まず、LCラブコスメっていう
通販で見つけたジャムウソープで、
アソコと胸と脇、
ニオイが気になるところを洗うようにした。

ジャムウソープは、
デリケートな部分に使えて
ニオイだけじゃなく黒ずみにも効くの。

でもすぐには効果が表れないのね。

今考えれば、3か月くらい続ければ
きっとニオイや色の変化があったはずなのに、
このときはとにかく焦ってた。

2週間くらい続けて
「全然効果ないじゃん!」って
やめてしまったわ。

次に手を出したのは、
「バラのささやき」っていうサプリメント。

これは飲むと
体臭がバラのにおいになる
っていうサプリメントでね、
昔お母さんが飲んでたの。

値段が高いけど、
その分お母さんには効いてた印象があった。

飲むだけなら簡単だし、
もしこれで体臭が抑えられれば、
デオドラントを肌に塗ってるわけじゃないから
舐めてもらうこともできると思った。

でもあたしでは、
ワキガのニオイとバラの匂いが混ざって、
なんともいえない、
まぁ「決していい匂いとはいえないニオイ」
になってしまったの。

お母さんはワキガ体質じゃないから、
ほとんどニオイがないところに
バラの香りがプラスされて良い匂いだったけど、
あたしはワキガ自体をどうにかしないと
ニオイに匂いを重ねてるだけになってしまってた。

次に試そうと思ったのは、
通販の「デリケートゾーン専用デオドラント」。

デリケートゾーン用のものなら、
乳首に使ってもヒリヒリしなさそうと思った。

インナーブランっていう
ミストタイプのデオドラントを買おうか迷ったわ。

でも値段が高いのよ。
乳首に使うなんて本来の用途じゃないから
口コミもなくて
「もし使えなかったらお金がムダになる」
と思ったら買う勇気が出ずやめてしまった。

ほかにもクリアネオとかノアンデとか、
全身に使えるデオドラントクリームも
気になったけど、
これらもチチガに関する口コミって
ほとんど見つからないのね。

この時は、舐めても大丈夫かっていう
口コミもなかった。

それで、高い通販のものはやめて、
ロフトやドラッグストアで
売ってる市販のデオドラントを探した。

でも市販だと
デリケートゾーン用のものって
あまり売ってないし、
見つけても買うのがなんだか恥ずかしい。

勇気を出して
やっとデリケートゾーン用の
ウェットティッシュを買ったわ。

名前を忘れちゃったんだけど、
果物っぽい甘い香りがした。

彼と会うときに
ウェットティッシュを使ってみたら
「なんか良い香りがするね」って言われたの。
嬉しかった。

そのとき意を決して
「久しぶりにしてくれない?」って頼んだの。

恥ずかしかったけど
自分から服を脱いで
「お願い、舐めて」って。
今書いてて死にたくなってきたわ(笑) 

そしたら彼、
困惑した感じだったけど
「え、いいの?」って言って
胸を舐めてくれた。

でもちょっとしてすぐ
「もう終わってもいい?」って言われたの。

口からネギみたいなニオイがしたわ。

「なんか甘い味と
苦い味が混ざってて変な感じ」
って言いながら何度もうがいしてた。

そのことであたしはまた落ち込んだわ。

「やっぱりニオイは
根本から解消しないとダメなんじゃ」
と思い始めて、
ネットに載ってる「体臭に効く食品」とか
「いい汗をかく運動方法」とかとにかくやってみたわ。

でもあたしって続かないのよ。
「これ、本当に効果あるのかな……」って
思い始めるとすぐやめて違う方法に手を出しちゃうの。

舌間忠利さんの「名医が教えるわきが改善法」っていう
情報商材を買ってみたこともあったわ。

この教材ってちゃんと続ければ
ものすごい効果を発揮する教材なんだけど、
本気でやらないとなかなか厳しいの。

2週間も続けられずにやめちゃったわ。

そんなことをしてるうちに
いろいろな事情が重なって彼とは別れてしまった。

別れた理由は、
直接的にはニオイやセックスレスとは
関係ないようだったけど、
そういうことが積み重なった結果、
お互いに距離が生まれてしまったのは事実だったわ。

考えてみれば、この彼と付き合う前に、
何人かと良い関係になったのに、
避けられたり振られたりしてばっかだったのは
ワキガが原因だったんじゃってことにも気づいたの。

この頃はすごい落ち込んで
「もう恋愛なんてできないんじゃないか」
「あたしを好きになってくれる人なんていないんじゃないか」
「恋愛できたとしても触れ合ったら臭いがバレるんじゃないか」
「すぐ幻滅されちゃうんじゃないか」
「一生独りで生きていくしかない」
「孤独死するしかないんだわ……」
って自分で自分を追い詰めてたわ。

考えすぎって今なら思えるけど
当時は良くない未来ばっか想像してた。

体臭って気持ちも関係すると思うわ。
この時かなり体臭がきつかった。

 そのまま時が経って、
彼氏はおろか恋愛もしないまま社会人になって、
がむしゃらに働いてたわ。

体臭のケアも、同僚やお客様に
バレなければいいくらいの感じで、
なるべく人に近づかないように
親しくならないように、
なんとなく周りの人たちと
壁を作りながら仕事だけは一生懸命やってた。

昔の同級生とか、
お客様で声かけてきてくれた人とか、
何人かと恋愛関係になれそうだったけど、
いつも不安がよぎってダメだった。

「臭いがバレたら嫌われるからダメ」、
その理由以上に
ワキガで過去恋愛がうまくいかなかったことで
自信をなくして、臭い以外のことでも全部、
なんだか自分はダメな人間だと思うようになっちゃってたの。

ダメなあたしに訪れた転機

そんなとき、新しい彼氏と出会った。

彼は仕事をものすごく頑張ってて
夢に溢れてる人だった。

すごくかっこいい人だったから、
正直「あたしなんかでいいのかな」と思ったわ。

また自信のない不安が襲ってきたけど、
不思議なことに今回は不安より
「この人のことをもっと知りたい」
って気持ちが上回った。

彼とだんだん仲良くなっていくにつれて、
嬉しいんだけどどんどん不安になっていった。

それで、あたしはもう一度決意したの。
「絶対にワキガをどうにかする」って。

ここで頑張らなかったら
もう一生頑張れないと思った。

舌間忠利さんの情報商材を
引っ張り出してきて読み直したわ。

ニオイの原因や体の仕組みから勉強し直した。
ワキガだけじゃなくて口臭や脂臭についても勉強した。

五味常明先生や大矢慎吾さんの本を読んで、
ノートにメモして実践してって繰り返した。

「食事・運動・入浴、
どれも血流を良くして血液をさらさらに、
要らないものは摂らない・排出しやすくする」

そういう生活を心がけた。
体の内側からニオイの元を絶とうと思ったのね。

そういう生活を続けてると
体もどんどん軽くなっていって
肌もつやつやになっていったの。

でも体質を変えるには
やっぱりそれなりに時間がかかるのね。

彼の家にお泊りする日は
すぐに来てしまったわ。

その時はまだ
体質が変わってニオイがしなくなった
とはとても言えなかった。

どうしよう、どうしよう……。
また不安が襲ってきたわ。

変なこと言うけど、
アソコが臭うとして、
「汚いところだから舐めないで」って
ごまかせるじゃない。

正直に「臭うからダメ」って言っても
別におかしいことじゃない。

お尻の穴とか脇は、
あたしの主観だけど
最初のエッチでそういうところまで
舐める人ってなかなかいないと思うの。

でも、胸は大抵愛撫してくれる気がする。

「汚いからダメ」とか
「臭うからダメ」って言っても、
普通は汚くないし臭わない部位だから
その理由は使えない。

「恥ずかしいから嫌」とか
「胸が小さいからダメ」とか、
それも「そういって本当は舐めてほしいでしょ」
みたいな感じになっちゃう。

断るのが難しいのよ。
「生理前で張ってて痛いから舐めないで」
っていうのは元彼に使ってた嘘の理由だけど、
「じゃあやさしく舐めるよ」
って言われる可能性があるし
何回も使えないの。

あと何より、
そうやって愛撫を断っちゃうと
エッチの雰囲気が台無しになっちゃう。
面倒な女だなって思われるかもしれない。

そんなことをわーっと考えてるうちに
彼と会う3日前になっちゃって、

インターネットでいろいろ調べてたら、
前に見たデリケートゾーン用の
ニオイ対策ミスト・インナーブランのHPと
もう一度出会ったの。

効くかわかんないけど、
もうこれしかないって思って注文したわ。

2日後に届いて急いで試してみた。
手の甲に塗ってみたら
すーっと染み込むみたいに乾いて
何も塗ってないように見える。

香りがちょっと気になったけど
乾くとほとんどわからない。

舐めてみたけど味もしない。

でも肝心の消臭力は
自分じゃよくわからなかったわ、
乳首の匂いは自分じゃ嗅げないから。

アソコの臭いは
和らいだ感じはしたけど、
とにかく心配だった。

次の日、彼の家へ遊びに行ったわ。

「お願い、効いてください」って願って
トイレでインナーブランを塗った。

あっという間に夜になって
いよいよそんな雰囲気になったの。

かっこいい彼に何度もキスされて
夢の中にいるみたいだった。

でもそれと同時に
初体験の苦しい思い出がよみがえってきたの。

『ちょっとうがいしてきてもいい?』
『ごめんね』
俺は全然大丈夫! 気にしなくていいから
申し訳なさそうな顔で
洗面所に行く元彼の顔を思い出した。

ごめん、ごめんってお互いに言い合って
途中で終わったことを思い出したわ。

彼の手が、あたしの背中から、
腰、手のひら、お腹に移動してきて胸に触れた。

ゆっくり胸を揉まれて
「もっとさわってほしい」「もうやめて」
って正反対の声が自分の中から聞こえたわ。

彼はすぐにブラをはずしちゃって
当たり前のように舐めようとしたの。

そしたらあたし、
自分でもびっくりするくらい
反射的に「ダメ」って胸を隠してた。

こうならないように
インナーブランを使ってみたのにね。

なんて言ったか覚えてないけど、
「ワキガ体質で胸とか
アソコからもワキガの臭いがするから
絶対に舐めないでほしい」
ってことを正直に言ったわ。

こんなこと言ったら
雰囲気台無しだよな…
変な空気になっちゃったかな……
言ってすぐ後悔したわ。

だけど彼、
若干驚いたみたいだったけど
「そんなの、好きなら気にならないよ」
って言って、

あたしの手を掴んで舐め始めちゃったの。

ええー無視?! 
待って待ってダメだって…
と思ったけど、
すごい気持ちよくて力が入らなくなっちゃった。

それに全然ワキガのニオイがしなかったの。

彼は胸を舐めたり触ったりしながら
キスもしてくれたけど、
変な味も全くなくて、
全然ワキガじゃないじゃん、美味しい」って。

信じられなくて、
「この人はワキガの臭いが好きな、
特殊なフェチの人なのかもしれない…」
「本当は我慢してるのかもしれない…」
とか数秒の間にものすごく考えたわ。

だけど、パンツを脱いだときも、
あの嫌な臭いはしなかったの

今までずっと悩んできたことが嘘みたいに、
彼とはそのまま幸せな時間を過ごすことができたわ。

今でもその彼と付き合ってる。
毎日、すごく幸せよ。

デオ・ウーマンはこの方法でニオイを改善した

インナーブランがあれば
ニオイは万事解決?と思うじゃない? 

でもワキガ体質とか体臭が強い人って、
デオドラントだけじゃ微妙なの。

デオドラントが効きやすい体に
体質を変えていくことが大切だと思うの。

今あたしは、お気に入りのデオドラントと
生活習慣の見直しを併用して、
身体の外側と内側両方からケアしてるわ。

インナーブラン は今でも愛用してて、
他にもボディーソープや
クリームのデオドラントも試してるところ。

生活習慣の見直しは、
舌間忠利さんの教材を基本に、
血流改善などを勉強して実践しているわ。

ワキガのニオイは本当にかなり減った。
デオドラントを正しく使えば
自分以外の人は
ほとんど気づかないくらいにまで
臭いがなくなったわ。

自分に合ったデオドラントを見つけて、
生活も整えながら、継続して使っていく。

これがワキガ対策で
もっとも大事なことだと思うわ。

デオドラントの効果がUPするし、
効果のある時間が伸びた感じがするの。

あとね、体臭をなくすための生活をしてると
どんどん健康的になるのね。

健康になると肌や髪がつやつやになって、
ガリガリとは別のスリムな体型になってきたわ。

それに血流を良くするために
やっていたマッサージのおかげで、
ほんの少しずつだけど胸が大きくなってきて、
乳輪のブツブツも目立たなくなってきたの。
彼が喜んでるわ(笑)

最後まで読んでくださってありがとう。
もし、あなたが過去のあたしと
同じようなことで苦しんでいるとしたら、
きっとこのサイトは役に立てると思うわ。

あたしはあなたの味方よ。
いつでも一緒に戦うわ。

 デオ・ウーマン

↓応援クリックぜひお願いします(*^_^*)にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へにほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛への憧れへにほんブログ村