茶エキスとは?わきが・体臭・口臭にも効く?茶カテキンとの違いは?

茶エキスとは? ただのお茶とは違う?

茶エキスとは、ツバキ科植物のチャノキ(学名:Camellia sinensis)の葉から抽出して作られるエキスのことです。チャノキは、お茶の木です。「だんだん畑」と呼ばれる、緑色の低い木が連なっている茶畑の、あの木です↓

つまり、茶エキスとは緑茶や紅茶など、普通の飲むお茶と原材料は同じ成分になります。飲むことができるお茶と、同じものからできているということで安心して使えます。ちなみに、緑茶も紅茶もウーロン茶も、同じチャノキから作られます。発酵度合いの違いで、味や香りが変わります。

 茶エキスは、漢方・化粧品・医薬部外品など幅広く使われています。わきがや体臭、口臭ケアのデオドラントグッズは、化粧品や医薬部外品に分類されます。化粧品の場合は「チャ葉エキス」、医薬部外品の場合は「チャエキス」「紅茶エキス」「ウーロン茶エキス」と表示されています。

茶エキスの成分

  • フラボノイド類:エピガロカテキンガレート(渋味)
  • アルカロイド類:カフェイン(苦味)、テオフィリン、キサンチン
  • アミノ酸:テアニン(旨味)
  • ビタミンC

茶カテキンと茶エキスの違いは?

緑茶の成分として「カテキン」は有名だと思います。茶エキスの成分の1つである、フラボノイド類の「エピガロカテキンガレート」はカテキンの一種です。つまり、茶カテキンと茶エキスは違うものではなく、茶エキスの成分の1つに茶カテキンがあります。カテキンにもいくつか種類があり、エピガロカテキンガレートは一番抗酸化力の強いカテキンです。茶エキスにはそのカテキンが豊富に含まれています。

茶エキスの作用

  • 消炎作用
  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウィルス作用
  • 収れん作用
  • 消臭効果
  • SCF結合阻害による色素沈着抑制作用
  • 頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用
  • コレステロール吸収阻害
  • 体脂肪低減作用
  • 抗がん作用
  • 頭痛・めまい・下痢など体の不調を改善

茶エキスはわきが・体臭・口臭にも効く?

 フラボノイド類の「エピガロカテキンガレート」には強い抗酸化作用があり、これがわきが・体臭・口臭などニオイの消臭に効果を発揮します。

わきがや体臭に茶エキスは効果ある?

わきがや体臭というのは、私たちの体の皮脂が酸化し、それを皮膚にすみつく常在菌が分解することでイヤなニオイを発生させます。茶エキスは、エピガロカテキンガレートの強い抗酸化作用で、皮脂の酸化を防ぎます。皮脂が酸化しなければ、常在菌が皮脂を分解することはないのでニオイの発生も抑えられます。

また、茶エキスには抗菌作用もあるため、イヤなニオイを発生させる菌自体を抑える効果も期待できます。

口臭に茶エキスは効果ある?

食べたものや飲んだものが原因の口臭には、一時的に効果があります。食事の後の口の中は食べかすが残っています。食べかすを口の中の雑菌が分解することでイヤなニオイが発生してしまいます。茶エキスは抗菌作用によって、雑菌の繁殖を阻止し、結果口臭の発生も抑えます。

茶エキスは、虫歯や歯周病予防にも効果があります。特にウーロン茶に含まれるカテキンには、虫歯の原因となるプラークの生成を防いだり、ミュータンス連鎖球菌・ポルフィロモナス・ジンジバリスといった虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。虫歯や歯周病が口臭の原因になることもあるので、茶エキス・お茶を摂ることで普段から虫歯や歯周病に気を付けておくと良いです。

茶エキスが含まれているデオドラント一覧

インナーブラン 量インナーブラン ニオイ

↓応援クリックぜひお願いします(*^_^*)にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へにほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛への憧れへにほんブログ村